Activities Post

芽依選手が開幕戦で国内クラス2位! – 2019MFJ CUP JP250選手権 第1戦 もてぎ

4月6日(土)、7日(日)2019年の全日本ロードレース選手権シリーズが栃木のツインリンクもてぎで開幕しました。

MFJ CUP JP250選手権の第1戦も併催され、2名の女子ライダーがエントリーしました。


MFJ CUP JP250選手権は1DAYレース。

4月6日(土)の朝から予選、その日の午後決勝というスケジュール。今大会は天候に恵まれ、開幕戦にもかかわらず予選から多くのコースレコードブレイクがみられました。


30台で行われた決勝レース、櫻井 芽依選手(キジマKISSレーシングチーム)が国内クラスで2位を獲得、幸先よく今シーズンを始動しました。


レース後の芽依選手のインタビューをご覧ください。

(実は前日に風邪を引いたようで、喉の調子が悪く、声が出ないという状況で、インタビューにご協力いただきました・・・芽依選手ありがとうございました






MFJ CUP JP250の予選結果


7位(NATクラス2位) #56 櫻井 芽依(キジマKISSレーシングチーム)

12位(INTクラス7位) #27 石井 千優(TONE RT 千葉北ポケバイコース+N-PLAN)


MFJ CUP JP250予選リザルト → 



MFJ CUP JP250の決勝結果


5位(NATクラス2位) #56 櫻井 芽依(キジマKISSレーシングチーム)

10位(INTクラス5位) #27 石井 千優(TONE RT 千葉北ポケバイコース+N-PLAN)


MFJ CUP JP250決勝リザルト → 



PHOTO & Special Thanks H.WAKITA




Share on your SNS !

/*** Cookie使用同意 ***/ /*** page up ***/