Activities Post

千彩都選手がNATクラスで2位 – 2019MFJ CUP JP250選手権 第5戦 オートポリス

10月5日(土)、大分県のオートポリスサーキットでMFJ CUP JP250選手権の第5戦が開催されました。(2019全日本ロードレース選手権の第7戦の併催。)


残り2戦となったシーズン、鈴鹿のサンデーロードレースで開幕4連勝でJP250チャンピオンを決めた千彩都選手がNATクラスにINTクラスには千優選手がエントリー。


予選はホームサーキットの千彩都選手が2番手、千優選手が6番手。


12周の決勝レースは千彩都選手が優勝を目指しTOP集団につけるも7周目でポジションを落し6位でチェッカー。

千優選手はTOPグループを追いかけるも後半追い詰めることができず7位でチェッカー。


千彩都選手はNATクラスで2位表彰台を獲得しました。


どのサーキットのレースも楽ではないですが、オートポリスは特にタフネスさが必要なサーキットの様です。


2019MFJ CUP JP250はオートポリスでINT、NAT両クラスともチャンピオンが決まりましたが、鈴鹿の最終戦、さらなる上位ランキングを目指してモトレディースさんたちには頑張って欲しいと思います。



→ 予選



→ 決勝スタート前



→ 決勝レース



MFJ CUP JP250の結果


予選

2位(NATクラス1位) #54 片山 千彩都(GOSHI Racing)2’08.941

6位(INTクラス4位) #27 石井 千優(TONE RT 千葉北ポケバイコース+N-PLAN)2’09.826


MFJ CUP JP250 予選リザルト → 



決勝

6位(NATクラス2位) #54 片山 千彩都(GOSHI Racing)

7位(INTクラス5位) #27 石井 千優(TONE RT 千葉北ポケバイコース+N-PLAN)


MFJ CUP JP250 決勝リザルト → 



次戦は11/2(土)、鈴鹿サーキットでの最終戦となります。

今年一杯でレース活動をお休みすると発表しているモトレディースさんも多いので、ぜひサーキットで応援をお願いいたします。




Share on your SNS !

/*** Cookie使用同意 ***/ /*** page up ***/