Activities Post

JP250 NATクラスでシリーズランキング上位をモトレディースが独占!! – 2019鈴鹿サンデーロードレース 最終戦

2019鈴鹿サンデーロードレースの最終戦、「第55回 NGK スパークプラグ杯」が11月30日(土)、12月1日(日)に鈴鹿サーキットのフルコースで行われました。


同じコースでひと月前にMFJ CUP JP250を制し、4連勝で既にサンデーロードレースの同クラスのNATクラスのチャンピオンを決めている片山千彩都選手の全勝に注目が集まりましたが、ポールポジションからの決勝レースでしたが、残念ながら2位でチェッカー(NATクラスでは全勝ですけど・・・凄い)。


凄いのはそれだけではなく、OKAYAMAロードレースシリーズで同クラスのチャンピオンを決めて参戦した笠井杏樹選手と同じくランキング4位となった桐石世奈選手が共に決勝レース上位でチェッカーを受け、何とJP250クラスのナショナルクラスにおいて「鈴鹿サンデーロードレース史上初」のシリーズランキング1位から3位を彼女たちが独占するという結果になりました!!


残念ながら、千彩都選手は来年以降のレース活動のお休みを発表されていますけど、来年もモトレディースの皆さんの活躍が楽しみですね。


来シーズンは鈴鹿サンデーロードレースにぜひ、足を運ばれてみてはいかがでしょうか??





JP250クラスの予選結果


1位(NATクラス1位) #54 片山 千彩都(GOSHI Racing) 2’31.313

4位(NATクラス3位) #17 桐石 世奈(Team HIRO&チャレンジフォックス) 2’33.078

6位(NATクラス4位) #43 笠井 杏樹(TEAM TEC2 K0RS) 2’33.317


JP250予選リザルト → 



JP250クラスの決勝結果


2位(NATクラス1位) #54 片山 千彩都(GOSHI Racing)

3位(NATクラス2位) #43 笠井 杏樹(TEAM TEC2 K0RS)

5位(NATクラス4位) #17 桐石 世奈(Team HIRO&チャレンジフォックス)


JP250決勝リザルト → 



鈴鹿サンデーロードレース JP250クラスの年間ランキングは以下の通りとなります。


INTクラス

7位 #27 石井 千優 10ポイント

 ※スポット参戦

NATクラス

1位 #54 片山 千彩都 103ポイント

2位 #43 笠井 杏樹 71ポイント

3位 #17 桐石 世奈 70ポイント


鈴鹿サンデーロードレース JP250 INTクラス年間ランキング → 

鈴鹿サンデーロードレース JP250 NATクラス年間ランキング → 



PHOTO & Special Thanks H.WAKITA




Share on your SNS !