Activities Post

自ら率いるチームで頂を目指す挑戦 – 2020全日本ロードレース選手権 開幕戦 SUGO J-GP3

2020年の全日本ロードレース選手権が8月9日(日)~10日(月祝)、宮城のスポーツランドSUGOでようやく開幕できました。


J-GP3クラスには自らチームを率いて、高い頂に挑む3名のモトレディースがエントリー。


全日本初挑戦となる幡多智子選手(#83 ピヨピヨRacing)はマシントラブルで予選出走できず、残念ながらレースを終えることに・・・・。

高杉奈緒子選手(#12 Team NAOKO KTM)と岡崎静夏選手(#8 RT YOLO SARD&ぱわあくらふと)は前日のテスト走行と予選が雨ということもあって、なかなか、セッティングもタイムも詰まらない様子で、予選結果は高杉選手が18番手、静夏選手が22番手。


快晴の中、決勝レースはスタートし、5LAP目に赤旗でレースは2ヒート制に。

気温も路面も温度がどんどん上がっていく中、二人のモトレディースは後方からどんどん追い上げるレースをみせてくれました。


次戦の挑戦も、楽しみです。



→ レースの様子



J-GP3の予選結果

18位 #12 高杉 奈緒子(Team NAOKO KTM)1’54.877

22位 #8 岡崎 静夏(RT YOLO SARD&ぱわあくらふと)1’57.686

出走せず #83 幡多 智子(ピヨピヨRacing)


J-GP3予選リザルト → 






J-GP3の決勝結果

5位 #12 高杉 奈緒子(Team NAOKO KTM)

7位 #8 岡崎 静夏(RT YOLO SARD&ぱわあくらふと)


J-GP3決勝リザルト → 






レース終了後、静夏選手にインタビューさせていただきましたので、その様子を動画にてご覧ください。(インタビュアーは遠藤祐希さんです。)


→ 岡崎静夏選手 Interview




Share on your SNS !

/*** Cookie使用同意 ***/ /*** page up ***/